イーアス不動産

借地上の建物の建て替えをしたい…そんな時は

54 views
約 3 分

早めに相談をすることが大切

現在、生活を営んでいる自宅が自身が購入した土地ではなく、利用する事を許可された権利のみを有している借地上に存在している事例では、たとえ施工する工事内容が土地に及ばず物件のみであったとしても地主からの承諾や改定、更新が必要です。
借り主と貸し主の双方の間で取り交わされる事柄なので借地権問題に発展しやすい傾向にありますが、1つずつ丁寧に進めていけば借地権問題に発展する事が予防できるため、念頭に置いておくべきなのは些細な事でも地主に連絡する事を怠らないようにする事です。
地主に連絡する際に特に大切なのが既に練り上げられた計画をお伝えするのではなく、まだ計画が構成されていない極めて初期段階で伝える事であり、早い段階でお伝えする事ができれば地主が持つ要望を事前に把握する事が可能になります。
もちろん、まだ計画が構成されていない段階で考えをお伝えすると、お伝えした際の地主側の反応や受け取り方により印象を知る事ができるようになるので、効率的に計画が立てられます。

裁判所の許可を得る…という手段も

そのような法整備がされているものの、地主から強く要望が寄せられたり承諾して頂けないという事例では、裁判所に対し申し立てを行い、裁判所から地主に代わって許可を得るようにしましょう。なお、裁判所が許可にあたって、借地権者に地主に対して一定の金員の支払を命ずることがあります。
お互いに納得する結果で折り合いが付いた後は、承諾料や更新を済ませた後の地代など最終的な条件の相談と交渉をし借地更新契約書を交わします。

地主の承諾も裁判所の許可も得なかった場合

このような場合は、地主と借主の信頼関係の破壊されたとみなされた場合、賃貸借契約の解除事由にあたってしまいます。避けなければいけない状況です。
広く一般的に借りている側よりも貸している側の方が立場が上であるという認識が持たれているという実情もあるのですが、基本的には、借地権問題については法律により土地を貸している側よりも借りている側の方が手厚く保護されているため、地主が借り主の要望を断る事はできない様子から通常は円滑に建て替えが実現させやすいものです。契約の解除という最悪なケースを避けるよう、早めに相談をしていきましょう。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Top