イーアス不動産

42 views
約 2 分

更新が可能な権利

普通借地権とは、一言で表すと更新のある借地権のことを指しています。
借地借家法とよばれる法律が1992年に施行されましたが、この時に更新のない定期借地権が新設されました。
これに対して更新のある借地権のことを普通借地権と呼んでいます。一般的には契約が満了した時に更新を拒否する正当な理由が地主側にないようであれば、借地人の希望により契約が更新されることになります。
しかしこの更新の際などに借地権問題が発生することもあります。

契約期間などを定める内容

単なる物の貸し借りとは異なり、土地や建物の貸し借りは金額も非常に大きく、住む人の生活にも密接にかかわってくることです。そのため借地借家法で、その契約期間や契約方法などが細かく定められています。この法律に定められていない事柄については、民法が適用されることになるでしょう。
また、建物を所有する目的で土地の賃貸借もしくは地上権の設定を行う場合には、この借地借家法が適用されることになります。それ以外の駐車場を所有するなどの目的の場合には、適用されることはないでしょう。
期間の取り決めがない場合には、30年と定められています。期間の取り決めをする場合には、30年以上の範囲でも定めることは可能です。更新後の期間は、最初の更新後は20年、その後は10年です。合意によってそれより長い期間にすることも可能です。

契約期間の満了が来て…

期間が満了したとしても、借地人が更新の請求を行った場合には、地主側に更新を断る正当な理由がないこと、そして建物がある場合に限って、それまでと同じ条件で契約を更新するものとみなされます。
正当な理由にはどのようなものが当てはまるのかというと、当事者双方の土地の使用を必要とする事情や土地の利用状況、立ち退き料を支払うことの申し出などがあげられます。
また期間満了前に建物がなくなり、残っている期間を超えて存続する建物を再建築して、地主に承諾がある場合には、承諾の日もしくは再建築の日のいずれか早い方から20年間、借地権が続くことになります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Top