イーアス不動産

借地権付き建物って何!?コスト面でお得!?借地権付き建物を購入するメリットを知ろう!

117 views
約 3 分

マイホームの購入を検討する際、相場より安い価格で出回っている土地に、借地権付き建物があります。
憧れのマイホームを少しでも安く手に入れられるのは、とても魅力的な話ですよね。

今回は、借地権付き建物を購入するメリットについて解説させて頂きます!

そもそも借地権とは

マイホームとして一戸建て物件の購入を検討し情報収集に努めている場合、借地権という文言が記された情報を目にする機会は少なくない上に、借地権と記されている物件は相場に比較して安価に提供されている事例が多いものです。

もし、借地権付き建物という記載を目にしたら、それは名称通り借地上にて建築された建物の事を指します。
通常、不動産物件を購入する際は建物に合わせて土地も購入する事になるものの、借地権付き建物においては購入するのは不動産物件と土地を使用する事が可能になる権利です。

つまり、土地自体を得るのではなく権利に留めておくというのが借地権問題の根本という事になり、借地権付き建物に絞って不動産物件の購入をすると独自のメリットが得られるという事です。

価格が抑えられるというメリット

メリット

借地権付き建物においては、自らの住宅が建っている土地は使用する権利を有しているもののお借りしているという本質があるので、所有権を有して所有する事例に比較すると60%から80%も価格が抑えられています。

そのため、一戸建て物件の購入に際して生じる初期費用を著しく下げられ、所有権付き建物を選定してマイホームを建てるのと比較すると、住環境や設備の方に注力出来、より良い住まいを得られるというメリットがあります。

税金の面でもメリットが…

また、税金の観点でも借地権付き建物には優遇措置が取られており、通常通り購入して所有権を得た場合は得た時点で不動産取得税が生じるため納税する必要が生じます。尚且つ、1年に1度の頻度で固定資産税を支払う必要がありますし、住宅が位置している場所が都市計画区域内であれば都市計画税も支払う必要性が生じます。

一方、借地権付き建物に関しては権利は有していても取得し所有しているわけではないので、不動産取得税はもちろん固定資産税と都市計画税の支払い義務もありません。このように初期費用とランニングコストが著しく下げられるので、借地権問題をよく理解しておくとより良い住環境が得られるというメリットがあります。

いかがでしたか?コスト面でメリットがあるのは、どなたにおいても嬉しいことですよね!
以上、借地権付き建物を購入するメリットについて解説いたしました。

ちなみに、こちらの記事では借地権付き建物の購入についてのデメリットを説明しております!

皆様のマイホーム探しに少しでもお役に立てれば嬉しいです!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Top