イーアス不動産

境界を巡るトラブルについて

118 views
約 2 分

境界を巡るトラブルとは

境界を巡るトラブルは、自身が有している土地の境が地積測量図による正式な記録と曖昧であったり誤認している事により発生します。
具体的に生じているトラブルで多いのは、土地を売却すべく情報を調べてみたところ隣家の車庫が存在している位置が自分の土地であったという事例や、年月の経過と共に隣家の塀などが自分の土地にはみ出してきているといった事例です。その他にも、新たに垣根などを建築した際に隣家から直接的にクレームを受けてしまったという事例もあります。こうした境界を巡るトラブルは、これまでは良好な関係性を築く事ができていた関係がストレス源になってしまいますし、自分の土地を隣家が使用しているのにも関わらず固定資産税を支払う必要があるという金銭的な負担にも繋がります。

境界のトラブルを予防するために…

境界のトラブルを予防するためには自身の土地や隣家との土地、道路との境を示すための境界標という四角い地面の四隅に打ち込まれている杭の存在が重要です。
ポイントになるのは境界標と言っても必ずしも図面に記録されている位置と合致していない事例があるという実情であり、その理由は図面と異なる位置に存在していたり境界標自体が存在していない事例も稀有ではないためです。そのように位置が異なっていたり境界標が無くなってしまうのは洪水や土砂崩れ、地震などの自然災害により位置がずれてしまったり無くなってしまう事が原因です。

人為的なミスにより発生する境界トラブルも…

さらに、元来正確ではない位置に設けられてしまう事例も少なくなく、気をつければ予防可能な人為的なミスも多いです。
人為的なミスが生じる原因は塀などを建築する際に業者が一時的に境界標を移動させたものの、作業後に正確な位置に戻さない事です。一見するとあまり頻度が高くない事例のように感じられますが電柱の移動や建て替え、マンホールの工事などの定期的に専門業者により行われる作業によっても動かされます。ずれが生じていても気付く事が困難な事柄であるため、予め写真撮影をしておいたり定期的に目視確認をする事が重要です。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Top