イーアス不動産

再建築不可物件をリフォームする注意点

108 views
約 2 分

リフォーム可能な範囲を確認する

再建築不可物件をリフォームするのであれば、リフォーム可能な範囲を確認することが大切です。
再建築はできなくても、リフォームなら問題ないのだろうと考えていると思って通りのリフォームができずに結局何もできないということも珍しくありません。
リフォームと称して再建築をするようなことはできないので、まずその辺の確認をすることが大切です。
現実的には新築をしたかのようなリフォームをしている物件は数多くありますが、それらはあくまでもルールを守った上で行っているものであり、自分が行おうとしている再建築不可物件が同じようにできるとは限りません。
それだけにリフォーム可能な範囲を確認して、自分の思い描いた形のリフォームができるのかを確認しておくことは、必ずしなければならない注意点となります。

通常のリフォームよりコストがかかる?

次に費用の問題もあり、再建築不可物件をリフォームするときには、結局新築をするのと同じぐらいのあるいはそれ以上の費用が発生してしまうことがあるということです。
建物はリフォームをするよりも建て替えてしまったほうが安く早くできることがあり、それをしないというのは無理やり現状を保ちながら、リフォームをすることになります。
そうなると余計な手間がかかることになりますから、費用もその分かかることになるので、安く済ませることを目的としてリフォームを考えているのであれば、本末転倒となってしまいます。
再建築不可物件は安く売られていることが多いので、安くリフォームをすればお得だと思いがちですが、費用を考えると新築とトントン、それどころか高くついてしまったなんてことは珍しくありませんから、費用のことをも頭に入れておく必要があります。

近隣住民とのトラブルの可能性

最後に近隣住民とのトラブルの可能性を事前に考えておく必要があり、再建築不可物件は構造上近隣住民と干渉しやすいものとなっています。
リフォーム工事をするときにトラブルが起こりやすくなっているので、その辺も注意しておきましょう。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Top