イーアス不動産

境界未確定不動産の境界を確定するには

104 views
約 2 分

境界確定測量とは

土地を売却したい、隣との境界に塀やフェンスをたてたいとなった際に、万が一境界未確定の場合には、隣の人と何かしらのトラブルを起こす可能性があります。このような場合に境界を確定するには、土地の測量が必要となるでしょう。
厳密には境界確定測量と呼ばれるものであり、土地の所有者だけではなく、隣接している土地の所有者や測量士、土地家屋調査士などの資格を持つ人が立会いを行って、国土地理院が作成する行政の図面をもとに、土地の境界をすべて正式に確定させるものを指します。測量の中では最も正確かつ正式なものであり、時間や手間、費用などが非常に高くなるものとなります。

費用の目安

この測量をおこなう際にかかる費用としては、一般的な相場と高額になる場合の二つのケースに分かれます。
一般的な測量費用としては、100坪以下の土地の場合には、現況測量が35から45万円、確定測量が60から80万円となります。
測量費用が高額になるケースとしては、官民立ち会いを行う必要があったり、土地が広大かつ複雑であること、近隣と紛争が発生している時や、相続の際などで関係者が多い場合が挙げられます。このような測量に手間がかかる場合には、費用が跳ね上がることになるでしょう。
官民立ち会いでよばれるものは行政の人と土地の所有者が一緒に立ち会い土地の境界を確認することを指します。例えば道路や水路などの行政が所有している領域に、自分の所有している土地が隣接している場合には、この方法をとる必要があるでしょう。この場合には行政とのやりとりが発生することから、かなりの手間がかかり高額な費用が発生します。
また土地が広ければ測量自体が大変になって時間もかかることから、費用はそれに伴い上がることになるでしょう。同じように土地が複雑な形をしている場合にも手間がかかることから費用が上がります。

なるべく安く済ませたいのであればまとめて管理してくれる、信頼できる不動産会社に相談することが一つの手段となります。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Top