イーアス不動産

境界未確定の土地とは

87 views
約 2 分

不動産には多様な権利関係がある

不動産には多種多様な権利関係が存在しているので、トラブルを予め防ぐためには売り主と買い主の双方にて前もって権利関係をしっかりと確認しておく必要性が高く、中でもトラブルの起因に発展しやすい所有権については注意深く見る必要があります。

筆界は正確でない場合がある

所有権というのは法令に則り所有物を自由に使用や収益、処分する事が可能になる権利の事を指しますが、現時点で権利を有している者が誰であるのかを明瞭にしてから取引をしなければなりません。
所有権が明瞭になっていない場合は様々なトラブルの起因となり、派生して当初よりも著しく事態が悪化してしまう事例が多いのですが、土地に際して突出して問題化しやすいのは境界が不明瞭な境界未確定の状態です。
境界未確定というのはこれまで境界であると捉えていた物が測量図と照らし合わせた際に境界ではないという事実が判明したり、そもそも境界標が見当たらないといった事です。
明瞭な指標が存在しないからこそ、隣り合う方々との間でトラブルのに発展しやすいので、土地に関し手を加える際には非常に重要性が高いのですが、ポイントになるのは一言で境界とは言っても筆界の他に所有権界もあるという点です。
筆界というのは登記簿における境界の事を指し、法務局の管理下に土地登記が完了された際、対象となる土地の範囲を区画するために定められるものです。公的なものであるが故に土地を所有している者同士が合意していたとしても変更する事はできませんが、大元を辿ってみるとまだ測量の技術が現代のように高度ではない明治時代に行き着くので、現状と照らし合わせると正確ではない事が判明する事例も少なくありません。

トラブルを防ぐには

そのため、境界標が存在しない事例はもとより境界標が存在していても土地家屋調査士に現地調査や建築確認などを行いつつ、あらゆる資料を参考にして合理的に境界を調査して頂き境界未確定を解消していく事により、土地を扱う際のトラブルを引き起こさずに済みます。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Top