イーアス不動産

境界を確定できない不動産を売買するときのポイント

88 views
約 2 分

境界があいまいな不動産

所有している土地を売却しようとしたら、境界未確定で売買できないケースはよくあります。
特に相続した土地は境界を確定できないことが多く、隣人とのトラブルに発展するケースも珍しくありません。
その結果裁判で長期間争い、不動産売買が遅れてしまうこともあります。

境界を確定するには時間がかかる

もし所有している土地の境界を確定できないは、まずは確定させるところから始めなければいけません。
敷地の境界を確定させるためには、隣地の所有者と話し合いをして境界線を確定させます。
敷地と道路が境界未確定の場合は、管轄する自治体の道路課に道路明示申請を行わなければいけません。
また測量図と実際の面積に大幅な違いがあるなら、地積更正登記も行う必要があります。
このように境界未確定の土地を売買するためには、事前の段階で様々な手続きが必要になります。
通常の不動産売買よりも境界未確定の土地は長期化するので、余裕を持って始めるとよいでしょう。

専門家に相談しよう

スムーズに境界を確定できない土地を売却したいなら、実績のある専門家に依頼するのがおすすめです。
専門家に依頼し隣地の所有者と話し合いをすれば、感情的な対立になりにくく交渉もスムーズになるでしょう。
また自治体への申請や登記も専門家に依頼することで、滞りなく進めることが可能です。
不備があると必要以上に時間がかかりスムーズにいかなくなるので、専門家にお任せするのはポイントです。
財産に関わってくる境界未確定の土地の売買は、感情的なもつれが生じ面倒になりがちです。
そのため土地を売りたいの境界が確定できないため、売買できず税金を払い続けている所有者も多数います。
スムーズに境界未確定土地の売買をして経済的な負担を減らすためには、専門の不動産会社に任せましょう。
ただし不動産会社といっても、境界未確定の土地を売買するノウハウが少ないと頼りになりません。
依頼する不動産会社を選ぶときには、実績とノウハウが豊富なことをポイントにするのがおすすめです。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Top