イーアス不動産

再建築不可物件にかけるべき保険は?

149 views
約 2 分

空家が建っている土地には再建築不可の土地がある

日本には多くの空家がありますが、空家の中には再建築不可の土地もあります。
再建築不可物件とは、建物を取り壊して更地にした場合に建物を建てられない土地を指します。
所有者の意思に関係なく再建築ができない理由は建築基準法にあります。
再建築不可の物件の中に興味を持つ物件があった場合、現状のまま後何年インカムゲインを得られるかが重要ポイントになります。
建物が古くなっても建て替えができないので、現在の建物の状態や利回りを慎重に考えて検討することが大切です。

再建築不可物件の保険加入の問題

再建築不可物件の場合、保険加入の問題もあります。
日本では多くの人が災害などに備えて様々な保険に加入しています。
再建築不可物件でも火災保険に加入することは可能です。
一般的に建物が建っていれば火災保険を掛けられます。
再建築不可だと保険料が割高になると考える人もいますが、実際は保険料が割高になることはないです。
大きな地震が起こり建物が全壊すると、無事にお金が入ってきても建て替えができないこともあります。
リスクはあるものの、損壊状態によっては保険金で修復できる可能性も残っています。
再建築不可物件を購入して十分な内容の火災保険に加入しておけば、経済的なリスクを大幅に減らすことが可能です。
残った土地の取り扱いも重要で、固定資産税のことを考えて土地の活用法に詳しい専門家に相談する人もいます。
土地は駐車場や物置、倉庫など様々な使い道が考えられます。
火災や地震による建物焼失リスクを頭に入れつつ契約を行うことが大切です。
加入プランには様々なパッケージプランがあり、自分に必要な補償を選べるようになっています。
本当に必要な補償だけを選ぶことで、料金を安く抑えることが可能になります。
再建築不可能物件は再建築できないというデメリットがありますが、専門家に相談することで適切なアドバイスをもらうことができます。
実績のあるプロの専門家は様々な問題を解決しているので、心強い味方となってくれます。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Top