既存不適格

「既存不適格」について、はじめにお読み下さい

そもそも既存不適格とは…?既存不適格について知りたい方の記事はこちら

既存不適格建築物とは既存不適格建築物 既存不適格建築物は、法改正などが行われることによって発生してしまう問題のことです。 既に建設してある建物の中でも法...
既存不適格物件のメリットとデメリット様々な理由によって既存不適格となってしまっている物件は全国各地に数多く存在します。既存不適格物件を購入しようと考えている場合は、物件を購...
既存不適格として扱われる物件の実情時代や様々な場面に合わせて変化してきた規制 ドラマや映画の世界では自身で材料を集めて建物を建築するというシーンが盛り込まれる事例が少な...
既存不適格建築物と違法建築物既存不適格建築物と違法建築物の違い 既存不適格建築物と、違法建築物は似ているようでも様々な点で違いがあります。そもそも建てられた時点で...
既存不適格マンションと新耐震既存不適格マンション 建築当時の時点では適法でも、建設の途中や竣工後に建築基準法の改正が行われると、既存不適格物件になってしまう恐れが...
パンダ
僕は素人だからここから勉強しよ~う

既存不適格物件の「購入」について知りたい方の記事はこちら

既存不適格マンションは買いか古いマンションに多い既存不適格 昭和45年6月1日以前に設計されたマンションは、建ぺい率や容積率などの規定などはなく、絶対高さの指定だ...
眺望の良いヴィンテージマンションを購入する時の注意点60年代、70年代風のファッションやインテリアお好きな方も多いと思います。 マンションにも草創期(1960年~70年代前半)に建設され...
既存不適格マンションに住宅ローンが使えるか 中古住宅市場で売りに出されているマンションを見ていると、近隣の相場よりかなり価格の安い物件を目にすることがありま...

既存不適格物件の「リフォーム」について知りたい方の記事はこちら

既存不適格建築物のリフォーム既存不適格建築物になっているかもしれない 住まいのリフォームしようと思って建築士に相談したとき、「既存不適格建築物」と告げられてしまう...
既存不適格の増築についてなぜ既存不適格になるのか 家屋を新築する際には、クリアすべき法令が多く存在します。建築時に満たさなければならない事を定めた法律が建築基...

既存不適格物件の「売却」について知りたい方の記事はこちら

coming soon!!

既存不適格物件の「法律について詳しく」知りたい方の記事はこちら

イーアス君
難しいことでも、理解できれば良い選択が出来そうですね!
建築基準法の改正で既存不適格になる!?長屋の敷地条件の厳格化長屋というと、時代劇に出てくる浪人が住んでいるような住宅を思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、今回お話する長屋は現代の建築基準法で...
もしかしてわが家も!?斜線制限など高さ制限により判明する既存不適格建築物 建物には高さに関する制限が存在 建築物は、建築するにあたり高さに関する規制があります。 1、絶対高さの制限 2、斜...
エレベーターやブロック塀の既存不適格について既存不適格は意外と身近にあります エレベーターやブロック塀というのは、日常生活でも見掛ける事が少なくありません。マンションで暮らしてい...
既存不適格物件と接道についての問題道路についての法律 建築基準法の前身である市街地建築物法では接道義務上道路の幅は約2.7m以上とされ、1938年に幅を4m以上にしなけ...
Top